外壁塗装は自分で出来る?

そろそろ外壁の傷みが気になるな~このように思って、外壁塗装を業者に依頼しようと思ってさっそく見積もりを取ってみると、意外と見積もり時に出してもらった価格が、予想を上回る…こういった事は、実際によくあることです。

さらに予算と見積もりが合わないので仕方がなく、どうにかDIYにチャレンジしてみようとか、なんとか自分で外壁塗装は出来るのではないか…このように考える方もまた、たくさんいるのです。

ですが現実には、外壁塗装を自分でしたいと思っても、ただでさえ業者に依頼すると費用がかかる可能性がある外壁塗装なのに、自分でいきなり作業してみようと思っても、高所作業であったり、おいそれとは簡単にうまくはいきません。

まして外壁というのは、家で言うと大事な顔なのに失敗してしまうと、元も子もありません。

では外壁塗装は、実際に自分で作業をするのは不可能なのでしょうか?

外壁塗装を自分で出来るのか、それとも自分で出来ないのか…その答えはと言うと、実際に外壁塗装は自分でする事は不可能ではありません。

その証拠に例えばホームセンターに行くと、DIYで外壁塗装をするための塗料などや、外壁塗装業者顔負けの専門的な道具や塗料などというのも、簡単に手に入ります。

ですが外壁塗装業者が使用するような、本格的な外壁塗装用品というのは、素人では扱うのが簡単ではありません。

また足場も組まないといけませんし、養生も必要です。

コーキングなどの、ただベタベタ塗るだけでなく下地塗りや上塗りなど、細かい作業も必要になります。

さらには、仕上がるまでの日数も必要になります。

また夏場の外壁塗装は体重が2~3キロ落ちると言われるほど、労力や時間も必要になります。

それでも外壁塗装をDIYで行った場合には、人件費もかかりません。

職人も必要ありません。

必要になるのは、材料と材料費、そして本人のやる気と根気、そして事前のしっかりした準備とシュミレーションなのです。

外壁塗装をDIYで自分で施工工事をするという事ならば、恐らく切羽詰まって急を要すような施工は、必要ないのではないかと思います。

ということは外壁塗装を実際に行う際には、雨の日や、もしかしたら酷暑、極寒の日もあって思うように作業が進行しない日もあるかもしれません。

そういった思うように作業が進行しない日でも、当初の予定通りに進めようと無理をしないことが大事なのです。

DIYに必要かつ成功させるための大事なポイントは、実はこの根気という点にあると言えるのではないでしょうか。