外壁塗装に必ず必要な養生

外壁塗装を施工する場合には自分で施工をするDIYでも、塗装業者に塗装を依頼する場合でも、どちらにしても工事の最中には塗料が少量でも必ず飛び散っています。

塗料が飛び散るので、それはいけないとローラーを使って外壁塗装を行い、ローラーなら大丈夫と思っている方も多いですが、たとえローラーで施工をしたとしても塗料の飛び散りは免れません。

また例えば塗料の種類を変えても、もちろん飛び散りは変わりません。

では飛び散っても別にいいのかと言えば、家の周囲には塗料が飛び散って附着してしまうと、とても不都合とか、見た目にも影響するような場所が、たくさんあるのです。

例えばサッシに付くと見た目にもよくないですし窓や基礎、地面や植木、花壇、植木鉢どこに付いてもガッカリするでしょう。

こういった不都合を予防するために、あらかじめ外壁塗装などを行う場合には、ビニールテープ、ガムテープ、マスキングテープとか、ナイロン、布などで汚れては困る場所を覆っておき、塗料の飛び散りを防止するのです。

この塗料の飛び散り防止を、外壁塗装をする前にあらかじめてしておくことを、養生と呼んでいます。

このように養生はDIYでもプロが行っても、どちらでも必要な作業ですが、どちらも見落とし作業残しがあっては大変です。

隙間のないように、しっかりと養生をしないといけません。

ちなみに養生の手順としては、まずはただガムテープで汚したくない場所をシートで覆っておくのではなく、その前の段階としてマスキングテープとかガムテープの接着力を上げるため、外壁と地面の境や、その周辺のゴミとか塵、ホコリなどをきれいに除くべく掃除をしておきます。

この掃除が完了すると、次に外壁と地面の境の部分にマスキングテープやガムテープなどを貼り、ナイロンや汚れ防止シートを止めていきます。

この時には風でヒラヒラしたり、養生の止め方が甘いという事で飛んでしまわないように、しっかり押さえて止めておきましょう。

ちなみに養生をしてしまうと、窓も戸も当然開けられないことになります。

となると当然、空気の入れ替えなども出来ないという事になります。

そのため部屋の中が暗くなったり、夏場は、むさくるしさを感じるかもしれませんが、最近は養生の方法によってはそういった不快感も取り除けるようです。

またご近所の車や外壁などにも、塗料が飛び散らないようにカバーなどの養生をするなど注意をしないといけません。