外壁塗装の足場とは

昔から家などを建てる場合には、必ず足場というのを組んでおり、その昔、なんと足場というのは丸太で組んでいたのです。

さらに丸太を針金のようなもので、巧みにしばって足場を組んでいたのです。

ただ丸太の足場いというのは、かなり丸太が重いので足場を組むのも一苦労であるし、丸太なのでツルツルすべりやすいし、今の足場と比較しても、かなり足場を組む作業も足場の上での作業も動きや作業がしずらかったという事は容易に想像が出来ます。

その点、今の足場は丸太から 改良され、足場の上でも安心安全に作業が出来るようになっているのです。

ただし最近の足場というのも、いろいろな足場のタイプがあり、たとえば外壁塗装をする場合には、外壁塗装の準備段階である水洗いから始まって、養生、さらに下塗りに中塗りに上塗り、最後に養生はがしといった具合に作業は進んでいきます。

、ということは、最後まで同じところにいて作業ををするというよりは、同じ場所や違う場所を何回も行ったり来たりながらして塗装作業することになるのです。

となると当然足場は大事なので、グラグラする足場であるとか、滑る足場、安定感のない足場や高さがまちまちの足場などでは、外壁塗装をしようと思っても、安定してしっかりとした作業が出来ないという事になります。

このように足場は、たしかな作業をするためには非常に大事な基礎であると言えるのです。

この大事な足場ですが、現在組み立てられている足場には、いくつか種類があり場所場所によって合った足場が組まれています。

たとえば隣家との境が非常に詰まっている場合には、単管足場という単パイプという丸いパイプを2本組み合わせて組み立てる足場とか、単管パイプにブラケットという金物を付けて、さらにその上に足場板を置いてより安定感を持たせた、単管ブラケット足場という足場があります。

単管ブラケット足場は単管足場と比べて、板が足場に置かれている分安定はしていますが、造り上どうしても揺れやすい危険性があるというデメリットはあります。

その他にもハンマーを使ってブラケットを差し込んでいくクサビ足場というの一番安定感のある足場があります。

組み立てる時にハンマ-で叩く音は、少々気になるかもしれませんが、作業を行う際には一番安定しているの作業も非常にしやすいいのです。

このように足場一つとっても、いろいろな足場があるので作業する場所や、方法に合った足場を選択するようにしましょう。