屋根塗装のDIYは安全が第一

屋根塗装を行う場合に大事な事は何かと聞かれると、多くの方は出来上がりの状態だと答えるかもしれません。

たしかに完成した状態の出来栄えは、とても大事です。

ですが屋根塗装のみならず、他の外壁塗装などのDIYでも言えることですが、本当に大事な事は作業が最後まで安全に事故なく遂行出来るのかではないでしょうか?

安全なく作業が完了するためには、屋根塗装を行う前に行う安全対策や、安全確認、チェックなどが必要かつ大事なポイントになります。

ですが、ただ安全第一と言われても、何をどのように安全対策をしたらいいのか、特にDIYではわかりにくいかもしれません。

そこで屋根塗装の作業において、大事な安全対策のポイントを取り上げてみようと思います。

まず屋根塗装の作業というと、当然のことですが屋根という高所に上らないといけません。

高所作業というと、どうしても高いところなので危険が付き物です。

ということはあ高所作業の場合には、いかにしっかりとした足場を組んでいるのかが、作業を安全に行う上では大事なポイントになります。

まずは、足場をしっかり固めることを念頭に置いて、作業をしましょう。

さらに高所の作業の場合には、安全のためのヘルメットや、安全ベルトは欠かせません。

安全ベルトというのは腰の部分にベルトを金具で留めて、そのもう片方を安全ロープなどを用い足場などにかけて、双方をつないでおくための道具が安全ベルトなのです。

この安全ベルトをしっかりしておくと、たとえ足場から落下しても地面に落下してしまう事は避けられます。

また安全ベルトは、いざという時に作業をしている方が高所から落下してケガをしてしまうトラブルなどを避けることが出来る以外に、屋根柄塗装のために高所に上がっている人が多少感じるであろう、高所に対する不安を取り除く手助けにもなります。

安全ベルトというのは、いざという時のためと同時に作業者に安心感を与えて、より屋根塗装の作業をスムーズに行えるよう手助けをしてくれる大事なパートナーと言える存在なのです。

屋根塗装は高所作業なのでもちろんですが、外壁塗装だって100%安全なのかというと、塗装を専門に行っているプロの業者だって、思わぬトラブルに巻き込まれることはあります。

そのためプロの塗装業者の作業員は、何重にも安全対策を施しています。

という事はプロではないDIYの作業になると、さらなる安全対策の徹底が求められるのです。